理事長挨拶

この度、理事長に就任致しました荒船旦子でございます。創始者長谷場夏雄の熱い思いを受け継ぐと共に、組織体制をしっかりと築き、ご縁を頂いた全ての皆様が、関係を持てて良かったと思って頂ける法人としていきたいと思っております。
昭和20年代の後半、中学を卒業すると児童養護施設を退所し、帰る家の無い戦災孤児は住み込み就労をしている事実を知り、彼らの為に住む場所を提供しつつ、働いて社会的自立を目指すための家を作ろうと始めたのが当法人の始まりです。多くの心ある方々からご寄附を頂きつつ事業を続けた結果、行政からも認められ『自立援助ホーム』という言葉ができ、行政からの支援も受けられるようになりました。
現在では、100名近くの子ども達が3つの自立援助ホーム、2つの中学・高校生のみの児童養護施設にて、職員と寝食をともにしております。『次世代を担う青少年を育む』を法人理念として、1人1人の職員が、縁あって入所してこられた子ども達に寄り添い、社会的自立ができるようにと日夜努めています。と同時に、アフターケアの一環として、成人式を法人で主催したり、各事業所にて退所した子ども達を手作りの料理等で迎える集いを催し、彼ら彼女らの実家としての役目を果たしていこうと努めてもおります。
私も、家庭や学生時代に培った奉仕の精神を大事にし、『してあげるのではなく、やらせて頂く』という気持ちを大切にして、役職員と共に努めて参ります。多くの皆様のご支援ご指導を仰ぎつつ、専心努力致しますので、お心にかけて下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

理事長

荒船 旦子
経営方針
1.利用者のために
  • ●利用者の意向を十分に尊重し、権利擁護を推進し、安心・安全を担保します。
  • ●業務の標準化と職員の資質向上を図り、利用者の立場に立ったサービスを実現します。
2.職員の為に
  • ●誇りをもって働ける職場環境づくりを役員、職員一丸となって目指します。
  • ●役職、役割、権限の明確化を図り、組織内の意思決定の流れ、説明責任、公平性、公開性、透明性を担保し、立場に応じ役員、職員の業務遂行がなされるよう努めます。
3.健全な経営
  • ●財務情報やサービス情報等、積極的に情報公開し、透明性を推進します。
  • ●地域福祉を積極的に推進し、地域社会と協働し、地域社会と共生に努めます。