東京都の青少年の自立援助ホーム、児童養護施設およびグループホームの青少年福祉センター

自立援助ホーム 長谷場新宿寮

義務教育終了後、何らかの理由で家庭にいられなくなった、または児童養護施設等を退所したことで、働かざるを得なくなった、原則として15歳~20歳までの青少年たちが暮らすところです。利用者は職員とともに生活しながら、社会で生きていくための準備をします。

長谷場新宿寮について

長谷場新宿寮

自立援助ホーム長谷場新宿寮は、義務教育終了後、児童養護施設、児童自立支援施設などを退所し、就職する青少年や家庭から援助を得られない青少年に対して、生活面・就労面において相談にのりながら、社会的自立をしていくために支援していくところです。 ※対象は義務教育を終えた青少年で、就労を希望し社会的な自立をするために援助を必要とする青少年。

  • 運営方針

    利用者の安心安全を第一とし入所からアフターケアまでの一貫(連続)した支援の中で最善の社会的自立を目指す

  • 今年度の重点課題

    1.利用者の最善の社会的自立を目指すための支援内容の変革と充実を図る
    2.地域の青少年支援のニーズを把握し、若者ネットワークづくりの素地をつくる

  • 生活について

    一人ひとりの勤務時間によって、起床時間など生活時間に違いがあります。ただし門限は22時です。この時間までに帰寮できる仕事に就いていだだきます。
    また、年間を通して、夏の一泊旅行や地域の体育館を利用してのスポーツなどの行事があります。

  • 入寮期間

    寮生一人ひとりによって異なります。一律に期間を決めていませんが、それぞれの目標と自立の進み具合や寮生の意向を尊重し期間を設定しています。

  • 費用

    月3万円を寮費として、働いて得た給料から納入していただきます。

施設概要

所在地 本園:東京都新宿区中落合1-7-1  【MAP】
こでまりホーム:東京都中野区上高田1-37-22  【MAP】
電話番号 本園:03-3954-8690
こでまりホーム:03-3387-1392
入所定員 20名(内訳:定員14名 2階男子7名/3階女子7名 こでまりホーム女子6名)
職員構成及び業務内容 園長 1名 学園の運営全般を掌理し、外部及び法人理事会に対して施設を代表する。また利用者本位の考え方を基本に所属職員を指揮監督する
家庭支援専門相談員 1名 関係機関と連携し、保護者との連絡調整を行い、家庭復帰や親子関係の再構築を図れるよう支援する
個別対応職員 1名 個別の養護が必要とされる利用者への対応を行う
自立支援担当職員
(自立支援コーディネーター)
1名 入所中の自立に向けた支援から退所後のアフターケアまで総合的な支援を行う
心理療法担当職員 1名 心理療法や生活場面面接を実施し、利用者の心理面のケアを行う
治療指導担当職員 1名 生活場面での児童の状況観察、児童指導員等職員へのコンサルテーションやケア技術等に関する助言・指導、利用者への心理的ケアをします
児童指導員 9名 保護者や関係機関と連絡調整を行い、利用者の日常生活全般を支援する
児童精神科医 1名 職員への支援技術の援助及び指導、生活場面での利用者の観察及び職員へのコンサルテーション等を行う
栄養士 1名 献立の作成、職員への栄養に関する知識の向上などの指導、その他利用者の食生活に関することの支援を行う
調理員 4名 食事の調理、食育の推進、その他児童の食生活に関することの支援を行う
事務員 2名 庶務及び会計事務を行う
嘱託医 1名 利用者及び職員の健康診断、保健衛生指導、診察に関することを行う
建物構造 本園:鉄筋コンクリート造3階建て
こでまりホーム:木造2階建て
建物面積 本園:2070㎡
グループホーム:136.21㎡

アクセス

生活の様子

  • 画像

    心理室

    学園では心理療法担当職員が定期的に心理面接を行っています。
    利用者がリラックスして話しができるよう、様々な工夫がされています。

  • 画像

    女子フロアリビング

    テレビを見たり、ゲームをしたり利用者が自由な時間を過ごせる共有スペースです。
    Wi-fi環境が整備されており、インターネット検索が可能です。

  • 画像

  • 画像

    女子、男子フロアダイニング

    利用者とと職員が揃って1日の出来事を話しながら食事をします。
    誕生日会や季節の行事等も行っています。

  • 画像

    キッチン

    対面キッチンで利用者の様子を見ながら調理しています。栄養士がバランスの取れたメニューを考え、調理員が美味しい食事を提供しています。

  • 画像

    事務所

    職員が引継ぎや事務作業をしています。
    全体の引継ぎの後、フロア毎に詳細な引継ぎを行っています。

  • 画像

    居室

    勉強机、クローゼット、ベッドが備えられています。
    自分の使いやすいようにレイアウトして生活しています。

  • 画像

    自活訓練棟

    自立の近い利用者が1人暮らしの体験をするために使用します。
    栄養、金銭、時間管理などを1人で行い、自立に向けた準備をします。

  • 画像

  • 画像

    こでまりホーム事務所

    こでまりホームは、こでまりの花に由来して名づけられました。こでまりの花言葉には「伸びゆく姿・品位・努力」とあり、「成長するもの同志が品位を培い、努力し、共に成長していく姿」という願いが込められています。

  • 画像

  • 画像

    こでまりホームリビング

    家庭的な雰囲気の中で揃って食事をします。
    行事の際はホーム内を飾りつけし、職員は季節を感じられる料理の提供をしています。

  • 画像

    たけのこ掘り

    本園には、小さな裏山があります。春にはたけのこが生えてくるので、時期になると職員が子どもと一緒に、たけのこ掘りをしています。採れたたけのこは、その日のうちに食卓にのぼります。

  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像
  • 画像

一日の流れ

利用者の権利擁護

あけの星学園では権利擁護委員会が中心になり、年に1回児童に向けて利用者の権利ノートの説明を行っています。利用者がわかりやすいように、パワーポイントで作成したものをスライドショーで映し、興味を持てるよう工夫しています。その際に学園での苦情解決体制の説明を同時に行っています。また、職員に対しても学園内や外部スーパーバイザーによる研修を実施し、利用者の権利擁護に対する意識向上に取り組んでいます。

  • 職員に対する取組み

    1.全国児童養護施設協議会の「児童養護施設における人権擁護のためのチェックリスト(職員版)」、「児童養護施設における人権擁護のためのチェックリスト(施設版)」の実施
    2.全国児童養護施設協議会の倫理綱領を会議の際に唱和
    3.園内にて、権利擁護に関する研修の実施
    4.引き継ぎにおけるOJTの実施

  • 児童に対する取組み

    1.毎週月曜日に苦情受付担当職員が意見箱を開封確認する。口頭による苦情申立ては随時受け付ける。
    2.苦情受付担当職員が毎月の園生ミーティングへの苦情解決第三者委員の出席、並びに新規児童への面談調整を行う。
    3.年2回、苦情解決第三者委員会を開催する。

  • 苦情解決の体制

    苦情解決に対する当施設の体制については、フローチャー(pdfファイル)をダウンロードしてご確認いただけます。

施設からのお便り