最新ニュース

2009年12月25日 クリスマス会のご報告

 

■盛大なクリスマスに・・・
企業・団体様より、入所している児童にクリスマスプレゼントを沢山頂きました。彼ら彼女らはいままでクリスマスを祝って貰ったことがない子がほとんどですから、本当によろこんでおりました。お陰様でとても温かな会となりました。この場を借りて厚く御礼申し上げます。

 

【ご寄付を頂いた企業団体様】
・東京ロータリークラブ
・東京西北ロータリークラブ
・東京アメリカンクラブ
・大日本印刷株式会社
・東京ガス株式会社
・沖電気工業株式会社
・フィリップモリスジャパン株式会社
・株式会社メリーチコレートカンパニー
・シダックス株式会社
・シダックス株式会社
・全国シャンメリー共同組合
・株式会社コジット
・B-Rサーティーワンアイスクリーム株式会社
・毎日新聞東京社会事業団
・株式会社ジャパン・ミュージック・ギフトカード
・株式会社丸八真綿
・株式会社ZOO

 

(順不同、敬称略)

2009年11月03日 赤い羽根共同募金

 

■赤い羽根、共同募金活動をしました
11月3日(火)、朝10時~15時まで高田馬場駅構内にて、募金活動を実施致しました。
寒さにも負けず、大きな声を出して活動を協力してくれた園生、ありがとうございました。
この日は、約6万円のご寄付が集まりました。
これからも活動を続け、年末に東京都共同募金会に送金する予定です。

2009年06月27日 6月バザーの報告

  

■大盛況のバザー

6月27日(土)・6月28(日)に、足立区扇の暁星学園前広場にてバザーを開催致しました。 お天気にも恵まれて、沢山の方々がお越しくださり、本当にありがとうございました。 お食事やお子様向けのゲーム広場も楽しんで頂けたのではと思います。不定期ではございますが、 またこのようなバザーを開きたいと考えております。どうぞよろしくお願い致します。

 

バザーについてのご要望やお問い合わせはこちらにお願いします。

2009年06月27日 6月バザーのご案内

 

日時:平成21年6月27日(土)・28日(日)*雨天決行 午前10時~午後3時
場所:青少年福祉センター 足立区扇1-12-20 暁星学園前(上記地図参照)

 

今回のバザーの目的は、これまでに身寄りがなく亡くなられた、青少年福祉センターの卒寮生のためにお墓を設立することです。
今年3月に法人内の各施設の職員を集めて、「アフターケアプロジェクト」を発足いたしました。
青少年福祉センター設立50周年を迎え、今後も増え続ける卒寮生に対しての支援を、法人全体で考えていきたいという、職員からの声があがったからです。
具体的には卒寮生のための、資格取得の助成や基金の設立、相談室やフリースペースの設置、料理教室の開催など様々な案が挙がっていますが、これから検討していくことになります。そして、卒寮生のためのお墓の設立も、このアフターケアプロジェクトが中心になり、すすめています。
青少年福祉センター創始者である長谷場は、自分も卒寮生たちのお墓の隣に建てたいと考えています。 いつも、子どもたちのそばにいて支えとなれるようにと・・・。
たくさんの方々がこのバザーの主旨に賛同し、楽しんで御参加して下さることを願っております。

 

*建物2階では中古衣類、新品衣類、雑貨、などを販売しております。また、外の屋台コーナーではカレー、焼きそば、フランクなどがあります。
子どもコーナーではヨーヨーつりや輪投げ、コイン落としなどを用意しておりますので小さいお子さんも遊ぶことが出来ます。
職員・子どもたちがボランティアの方々と共に一所懸命、バザーの開催の為に準備をしておりますので、お友達とご一緒に、是非おでましください。

2009年01月10日 全事業所合同で成人式パーティーを開催

 

2009年1月10日、日暮里のホテルラングウッドにて12名の新成人を迎えて、パーティーを催しました。沢山の方々がお越し下さり、この場を借りて感謝申し上げます。新成人の皆様、これからもより立派な社会人として、社会に貢献してくれることと思います。本当におめでとうございます。

2008年01月01日 車両整備事業完了のお知らせ

 

長年使用していた新宿寮の乗用車が古くなり、この度、財団法人中央競馬馬主社会福祉財団様から、平成二十年度助成金の交付を受け、車両整備事業を完了致しました。ここに事業完了のご報告を申し上げますと共に、財団法人中央競馬馬主社会福祉財団並びに社団法人東京馬主協会をはじめ、ご協力賜りました関係者の皆様に謹んで感謝の意を表します。

 

事業名:利用者送迎用車両の整備
車両名:日産キャラバン 1台
事業総額:248万5874円
助成金額:174万円
完了年月日:平成21年1月13日

2008年01月01日 スズキ自販東京様より新車の寄贈がありました

 

㈱スズキ自販東京様より自立援助ホーム新宿寮へ「社会福祉活動の一助として有効に活用していただきたい」と、軽自動車EVERY(エブリィー)新車一台の寄贈がありました。新宿寮は古いバン一台しかなく不便していたところでしたので、大変ありがたく、感激しております。スズキ自動車の皆様へこの場を借りて厚く御礼申し上げます。

2007年06月28日 第10回チャリティー大バザーを終えて

バザー担当理事 荒船旦子
6月28日(土)に聖心インターナショナルスクールで行われた隔年に1度のチャリティー大バザーは天候にも恵まれて、無事に終える事ができました。
全事業所の職員は勿論、ボランティアの方々や子ども達も一緒になってポップ作りや値段付け等を半年以上も掛けて準備をしました。
当日、会場のお祭り広場には、輪投げやボーリングなどのゲームだけでなくお絵かきコーナーも設け、楽しそうに遊ぶ子ども達の声がこだましていました。校内のお店には多くの個人や企業の方々から、沢山の品物が並びました。そして、食事コーナーにも、沢山のお店のご支援を頂き、美味しそうな匂いを漂わせ、ラッフル会場では歓声が上がったりと、会場全体が和気藹々の楽しいバザーとなりました。ネット配信のお蔭で、期待以上のお客様に恵まれ、嬉しい誤算もありました。多くの皆様のご支援に感謝しております。詳しい事は別添のセンター通信夏号をご覧下さい。

2006年10月12日 上川大臣が「日向ぼっこ」展覧会に

 

 

 

 

青少年福祉センターでは、児童養護の当事者参加推進団体である「日向ぼっこ」を応援しています。「日向ぼっこ」では気軽に集まれるサロンを火曜日・木曜日・土曜日・日曜日に開いています。場所は自立援助ホーム新宿寮の一階スペースです。
10月12日「日向ぼっこ」が日本橋の三愛画廊にて施設児童の作品を集めた展覧会を催しました。その展覧会に内閣府特命担当大臣(少子化対策・青少年健全育成)の上川陽子大臣がお越しくださいました。大臣の心温まる激励に感激を致した次第でございます。誠にありがとうございました。

2006年06月09日 バザーを終えて

バザー担当理事 荒船旦子
六月九日、十日と週末を利用して数年ぶりに暁星学園の敷地内でバザーを催しました。残念ながら二日目は土砂降りの雨にたたられ、賞味二時間ほどの開催となってしまいましたが、当初の目標額を達成することができ、ホッとしています。
ボランティアの方々が毎週のようにセンターにいらして下さり、頂いた寄贈品を仕分けしたり、値段を付けたりしながら笑ったり、おしゃべりを楽しんだりと、手と口と頭とが忙しい一日を過ごし乍ら準備に半年ほどかかりました。この方達のご助力が無かったら今回のバザーは成り立たなかったと感謝しています。又、職員の皆様には忙しい仕事の合間を縫ってチラシを作成したり、当日の配置、食材の準備等色々とお世話になりました。
そして迎えた当日、お天気には恵まれませんでしたが、ボランティアの方々と職員が組んで、お客様と値段の交渉に応じたり、時間があればおしゃべりをしたり、お互いを知る時間も持てて、大変でしたが楽しい二日間でした。又、子供達も手伝ってくれて、その嬉しそうな顔も印象的でした。久しぶりとあって私自身は勿論、職員の中にも初めて参加した人も多く戸惑った点も多々ありましたが、終わった後の達成感は疲れたとはいえ、嬉しい疲労感でもありました。
これからも職員、ボランティアは勿論、子供達も一緒になってお互いに助け合いつつ、大きな目標に向かって進んでいきたいと思えた今回のバザーでした。皆様のご協力に改めて感謝し、今後ともご協力をよろしくお願いいたします。