おうぎ寮

義務教育終了後からおおむね19歳までの青少年の就労自立の支援をします。入所するためには、利用者本人の同意で契約を取り交わし、契約時に目標設定を明確にして自立支援を行っています。寮費や日用品代・小遣い等を自分で働いて賄います。又、資格取得や定時制・通信制高校にチャレンジする事も可能です。

運営方針

信頼できる人間関係の構築と個々の存在の尊重を図る。

今年度の重点課題

小集団の機能を活かし,個別対応を生かした支援を行い、信頼できる人間関係を構築する。
個々の存在の尊重を図るために倫理綱領の理解を深める。
安定し継続した経営が出来るように様々な経営手段を模索し、実現可能な根拠を明確にしていく。

おうぎ寮について

自立援助ホームおうぎ寮は、義務教育終了後、児童養護施設、児童自立支援施設などを退所し、就職する青少年に対して、生活指導・就職指導・相談援助・生活支援を行い、家庭的雰囲気のなかで子どもたちの「心の自立」も含めた社会的自立をめざすところです。
自立援助ホームが求められている役割は何かを日々問いながら、たゆまぬ前進を考えております。

職員との関わり
  • 1.働いて自立へ向けての貯金をしよう。
  • 2.無断外出、外泊はしない
  • 3.携帯電話は条件が整えば持つことができますが、制限されることもあります。
  • 4.リビング、食堂、風呂、トイレなどの共用スペースは特に清潔を心がけよう。
  • 5.寮生同士の貸し借りはトラブルの原因となるのでやめましょう。

※大切な事は他の人に迷惑をかけない事です。

入寮期間
入寮期間については寮生一人ひとりに違いがあり、一律には決めておりませんが、卒寮については寮生の意向を尊重しながら、かつ自立の進み具合をみて決めていきます。
費用
居住費・食費・水道代・光熱費・風呂代など、月3万円を寮費として納入していただきます。

生活の様子

  • 日常の様子
    温かいシチューにホットひといき。
  • 日常の様子
    一人暮らしに備えて料理の勉強中。

アクセス

施設所在地 自立援助ホーム「長谷場新宿寮」
〒123-0873 東京都足立区扇1-12-20  TEL/FAX:03-3898-6054
※「おうぎ寮」は「長谷場新宿寮」「児童養護施設暁星学園」と同一敷地内に建てられております。
交通情報 日暮里 舎人ライナー「扇大橋駅」より徒歩5分
首都高速「扇大橋」出口車で3分