東京都の青少年の自立援助ホーム、児童養護施設およびグループホームの青少年福祉センター

自立援助ホーム 清周寮

義務教育終了後、何らかの理由で家庭にいられなくなった、または児童養護施設等を退所したことで、働かざるを得なくなった、原則として15歳~20歳までの青少年たちが暮らすところです。利用者は職員とともに生活しながら、社会で生きていくための準備をします。

清周寮について

清周寮

義務教育終了後からおおむね19歳までの青少年の就労自立の支援をします。
入所するためには、利用者本人の同意で契約を取り交わし、契約時に目標設定を明確にして自立支援を行っています。寮費や日用品代・小遣い等を自分で働いて賄います。又、資格取得や定時制・通信制高校にチャレンジする事も可能です。寮より自転車、電車で登校できる学校がいくつかあり、卒業する寮生もいます。

  • 運営方針

    自立した女性を育む

  • 今年度の重点課題

    1.地域に根差した施設運営を継続し、連携強化を図る
    2.チームワーク向上に取り組み、新体制での運営の安定を図る
    3.利用者が自ら自身の将来設計を行い、問題解決に取り組めるよう支援を行う

  • 職員との関わり

    仕事探しから、仕事上の問題・人間関係の悩み・健康上の不安・将来に対する希望などを職員と話し合いながら生活していきます。悩みがある時、自分一人で抱え込まず気軽に職員と相談することができるよう、信頼関係を築いていくことが、自立の第一歩となります。

  • 入寮期間

    入寮期間については寮生一人ひとりに違いがあり、一律には決めておりませんが、卒寮については寮生の意向を尊重しながら、かつ自立の進み具合をみて決めていきます。

  • 費用

    居住費・食費・水道代・光熱費・風呂代など、月3万円を寮費として納入していただきます。

施設概要

所在地 東京都足立区保木間2-18-15  【MAP】
電話番号 03-3850-8573
入所定員 15名
職員構成及び業務内容 寮長 1名 寮の運営全般を掌理し、外部及び法人理事会に対して施設を代表する。また、自立支援を基本に所属職員を指導監督する。
自立支援担当職員 1名 利用者の自立に向けた支援から退所後のアフターケアまでの総合的な支援を行う。
児童指導員 5名 保護者や関係機関との連絡調整、調理等を行い、利用者の生活全般の支援を行う。
調理員 1名 食事の調理、食育の推進、その他児童の食生活に関することの支援を行う
建物構造 木造ストレートぶき2階建
建物面積 敷地面積:734.99㎡
建物面積:586.53㎡

アクセス

生活の様子

  • 画像

    クリスマス会

    美味しいご飯、素敵なプレゼント、そして職員の渾身の出し物で毎年盛り上がります。毎年多くの寮生が参加し、とても楽しい時間を過ごす事ができています。

  • 画像

    外観

    2016年に新設した寮舎です。
    陽の光が入る暖かな寮舎なので、昼間は電気をつけなくても十分過ごす事ができます。ウッドデッキでは夏にバーベキューなど、楽しい行事に活用しています。

  • 画像

    内観

    木のぬくもりを感じる内装です。吹き抜けになっており、1階2階で職員と寮生が話をしたりします。
    座り心地の良いソファは寮生に人気で、癒しの場になっています。

  • 画像
  • 画像
  • 画像

利用者の権利擁護

当施設では、利用者一人ひとりを権利のある主体として捉え、養育・支援に当たっています。利用者は、それぞれに生きる権利、守られる権利、育つ権利、参加する権利を持っています。利用者へ権利について説明すると共に、ルールを守って行動する義務についても説明しています。

  • 職員に対する取組み

    1.全国児童養護施設協議会の「児童養護施設における人権擁護のためのチェックリスト(職員版)」を実施。
    2.当施設、全国自立援助ホーム協議会、東京都社会福祉協議会児童部会の倫理綱領の唱和
    3.権利擁護研修への参加
    4.引き継ぎにおけるOJTの実施

  • 利用者に対する取組み

    1.入寮の際、担当福祉司より権利ノートの説明、職員より意見箱と苦情解決委員についての説明
    2.年に1度権利擁護に関する勉強会を寮生ミーティングにて実施

  • 苦情解決の体制

    苦情解決に対する当施設の体制については、フローチャート(pdfファイル)をダウンロードしてご確認いただけます。

施設からのお便り